-唐津の土 -

 

 

 

唐津の陶土

左が白土で 右が赤土。白土と言っても

他産地の白土に比べ、比較的鉄分を多く含むので

ベージュ色をしている。

 

ものにもよるが、概ね唐津の土は焼き上がりとしては

硬質とは言えない。

吸水性が高いものも多く、食物などの色素が吸着しやすい。

 

それゆえに“経年変化”が楽しめる

素材だとも言える。

 

 

陶芸の陶土として 最もポピュラーな信楽の土と

唐津の白土を比較

右のグレー色をしたものが信楽土

 

唐津の陶土は「砂気が多い」と表現される。

砂を含んでいるというよりも

土自体がザクザクと砂っ気を帯びているという感覚。

信楽の陶土は、もともとがきめの細かい土に

小粒の砂が含まれているという感じ。

 

なかなか文章では表現しづらいが

同じ白く焼きあがるとされる土でも

両者全く違う個性を持っている。


 

- 磁器の土 -

 

 

 

 

 

磁器土

熊本は天草から産出される“天草陶石”を砕き

不純物を取り除き練り上げたもの。

ご覧の通り、素材感を感じないくらい

きめの細かい陶土。

焼き上がりは硬く、吸水性は無い。

 

 

 

一般的な天草の磁器土には

「撰上」(えりじょう) 「撰中」(えりちゅう) 「撰下」(えりげ)と

 含む鉄分量によって等級分けがある。

※写真左より撰上・撰中・撰下。

この上位にもうひとつ「特上」がある。

 

鉄分が少なく 白い土ほど高価だが

土の鉄分量によって 釉薬の発色も変わってくるので

一概に優劣をつけ難くもある。

 

例えば、「撰下」の磁土だと、同じ磁器の焼き方をしても

釉薬が強く青みがかってくるので

染付などに向いているとされる。